04
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
ベルリン大好き!マール家の日記
<< 初泳ぎ | main | 第2回BILLY-FAMILY家族会 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | スポンサードリンク
脂肪腫

お散歩からの帰り道。
帰りたくないのか・歩きたくないのか、マールが立ち止まる。
ま、これはよくあることで大抵が前者。もしくは『おやつくれ〜』の合図。
『抱っこ、する?』と手を差し出すと、乗ってきたので仕方なく抱っこで帰る。

と、マールの右後肢になにか違和感。
どこだどこだ?と探してみると、小さなプチッを発見。
ん?ダニ?と思いつつも、立ったままだとよくわからないので早足で帰宅し、詳しくチェック。
すると、ダニではなくて、小さな赤いポチッがたしかにある。
こうなると気になって仕方ないのでそのまま病院へ・・・。
幸い、ちょうどすいていてすぐに診てもらえた。
主治医の先生はお休みなものの、持病に関するものではないからどの先生でも問題ない。

『見た目には悪いものではないと思うけど、念のため調べておきましょうか〜』
バイオプシーの結果、特に問題はないとのこと。

ホッと一安心。



持病のあるマールに対して、かなり注意深くなってる私をよーく理解する先生は
今回の結果は問題ないものの、いろんなケースを説明してくださった。
この手の脂肪腫は老化によるものらしく、おそらく今後もできることになる・・とのこと。
その時に、不必要にあわてることのないように・・・
まずは色がポイントらしく、悪性のものは濃い色をしていることが多いとか。
今回のマールさんのしこりはほんのり赤い程度。
この程度であれば問題はないそう。
マールさんは4週間に一度、診察に通っているので
今回のもののようであれば次の診察まで放置してもまずは大丈夫とのこと。
もしも、今回とちがうものができた場合にはすぐに診せに来てください・・・と言われました。

マールさん、来月は8歳。
これからいろいろ出てくるだろうね〜気をつけなきゃね。




先日の診察時には過去最高体重をマークしたマールさん。
たしかに帰国後たくさん食べてたマールさん。
極限の状態まで行っての帰国だっただけにどうしても
マールが勢いよく食べる姿を見れるのがうれしくってついつい
『食べたいんだったら食べなさ〜い』ってなっちゃうんですよね。
でも、運動量もかなりのもので、年々その量は増えてる気がします。

太りすぎ・・・とため息な私に主治医は
『マーちゃんはこれぐらいでいいんです!太ってないんですよ〜これ、筋肉ですから。
 ステロイド飲んで運動・・・ま、プロレスラーのようなもんですよ〜ハハハ。』

ま、いざという時に備えて少々がっちりしておいた方がいいのでしょうけど。

が、過去最高の体重はほんの一瞬でした。
本日の体重は5.75kgなり。
ベストではないのですけど、こんなものでしょう。

これからマールにとっては一番危険なシーズン。
より注意深く観察することにいたしましょう。

いぬのからだ | comments(0) | eko
スポンサーサイト
- | - | スポンサードリンク
コメント
コメントする









(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
LATEST ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
RECOMMEND!!!

旅 2009年 03月号 [雑誌]
フィガロヴォヤージュ ドイツのやさしい暮らし (HC-MOOK)
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHER