05
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
ベルリン大好き!マール家の日記
<< 夏はやっぱり! | main | 暑中お見舞い申し上げます! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | スポンサードリンク
ドタキャン

諸事情により度重なる延期を経て、本日はようやくオペ日。
12:30に受付、マールは2番目の手術予定なのでスムーズに行けば3時すぎスタート。
でも、この病院は毎日何かしら救急のオペが入るので順調に行くことはまずないだろう。
下手すればどっぷり日が暮れた頃に突入してしまうかもしれない。
ひとまず暇つぶしの小道具を持って行く。
あまりにも待ち時間が長いようであれば一旦自宅に戻ろう。
・・・と思って病院に行くと、あらら今日はすいてるぞ。
いつもなら1時間近くは待たなければならない駐車場もガラガラ。
これはラッキーなのかしらん?

受付を済ませ、しばらく待合室で待機。
1時間ほど待ったところで名前が呼ばれる。
診察室に入ると主治医の姿が。
 『今日のマールちゃんはどうですか?』
はいはい、いたって健康です。
病院大好きなマールさん、特にこの本院は大好きです。
5年前にSLEで入院した時のごはんが忘れられない・・・らしい。
急患もなく、予定通りにオペは行われるとのこと。
前処置を始めましょう、とのことでさらに奥のスペースへと進む。
そこに院長のお姿。
この院長先生、とにかく忙しい方です。
先代院長に続き、『GOD HAND』と呼ばれる先生なので
全国各地から院長の診察を受けにやってこられます。
我が家から車で10分、こんな近いところで神の手に触れることができるのはありがたいこと。

『今日はどうしたの?』
院長の問いかけに、『今日、オペなんです』と経緯を話す。
『どれどれ?どこ?』と院長が診てくださる。
『ん〜、これ、切らなくていいでしょ』

へ?切らなくていいの??
再度よーく患部を見てくださり、マールのケースを説明してくださる。
形状から判断しておそらく悪性のものではないだろうと。
『針刺してみて肥満細胞見えなければ切らなくていいよ』

ん?針刺す?
主治医の診断では針刺して肥満細胞でなくても安心できない、ということだったのですけど??

この診断にそばにいた主治医は『院長がおっしゃるなら…』と同意。

さて、針生検してみました。
肥満細胞は・・・出ず。
よってオペは中止。


一旦、切除を勧められ、そしてこの1か月はいつもオペのことが頭にあったので
『手術しなくていい』と言われてもなんだか素直に受け入れられず
本当にしなくて大丈夫なんですか?!と主治医にもう一度確認。
『院長がおっしゃるなら大丈夫だと思います。経験値がぼくらとはちがいますので。』

マールには主治医が3人。
もともとは分院の院長ひとりだったのですが、
以前マールの状態が変化した時に主治医不在だったことがあり
その際に他の先生では診断が難しかったことから(マールの持病は診断が難しいのです)
本院にひとり、分院にひとり、両方を行き来する先生をひとり・・・
3人の先生に担当していただくことになりました。
実は今回のオペについても3人のうち2人の先生が同じ診断で『切除』を勧められたので
迷うことなく同意したのですが、それがオペ直前になって院長のひとことでオペが中止になり・・・
なんだか不安をおぼえてしまいました。
もちろん、オペをしなくていいことはうれしいのですけどね。

ま、このタイミングでのマールのオペは私にとってはかなりの負担になってたので
ひとつ荷物を下ろせた感もあるのはたしか。
かあさん思いのいい子なのね〜まーさんは。

せっかく来ていただいたので・・・
と、主治医のご好意で診察台にて大好きな病院ごはんをいただいて帰宅しました。
マールさんはまたまた病院大好きになってしまったはず。。


これで一安心・・・って感じではないけれど
引き続き注意深く観察してまいりましょう。
やれやれ。。
いぬのからだ | comments(6) | eko
スポンサーサイト
- | - | スポンサードリンク
コメント
こういう経緯になってたんだね。
よかったよかった!
けど、えこちゃんが準備していた心の収まりどころを探すのに
時間がかかるの、読んでて伝わってくるよ−。

自分だけじゃ探し切れないこともあるから、
本犬の体力が許すなら、トリミングに出してよそ様の手で
異変に気づいてもらうのもありかな、と最近思うわん。
そろそろりんごも連れて行かなきゃ。

引き続き、お大事にね〜
女優さん、おいしい病院食ゲットのための演技はしないでね^^;
| ばお | 2010/08/05 3:00 PM |
☆ばお
ご心配おかけいたしましたm(__)m
よかったのかな?ま、よかったか〜

なにかできたとしても、テリアサイズならなでなでしてればきっと気づくよ〜
りんごさんもお年頃だからこれからなにかしらできてくるかもしれないね。
お互い注意してまいりましょ。

女優さん、この夏は猛暑にも負けず元気ハツラツでなにより♪
| eko | 2010/08/05 10:49 PM |
一気に読んだ(汗)
手術しなくて済み、よかったね。
うちの先生もあまり切除しない派なので・・・σ(^^;)
今年は肥満細胞腫祭りかっていうくらい
友達ジャックの手術が続いて
マールもーーー???
って焦ったのだけど。
ともかく忙しそうなご様子、少しずつ日常に戻られたら
ぜひ遊んでくださいね。
Biiちゃんに会わないとっっ
| ハビママ。 | 2010/08/06 4:39 PM |
なんだか心を決めていたのに
オペなしで良いって。。。
主治医の先生のお見立てはどこへ行っちゃったの?
って思っちゃいますねぇ。。。

とはいえ、麻酔なんてかけないに越したことは無いから
良かった良かった!!

マールさんの病院好きをルチにも分けてあげたいわっ
ルチはビビリションしちゃうくらい
病院キライです(笑)何されたわけぢゃないのにね(^^ゞ

ekoさんまだまだお忙しそうだけど
お体きをつけてくださいねー。
| yumiko | 2010/08/06 8:42 PM |
☆ハビママ
ホント、今年は肥満細胞腫祭りだよね〜(-_-;)
過敏になってはいけないと思いながらも
ちょっとしたポチッにも反応してしまいます。
タイミングとしては切除しなくてよかったんだけど
疑問は完全に消えてるわけではないので
引き続き注意深く観察してまいります!

Biiは大丈夫よ〜まだまだちっちゃいから(笑)
| eko | 2010/08/15 9:26 AM |
☆yumikoちゃん
うーん、そうなのよね〜
様々な見解はあっていいのだけど…
主治医、それでいのかー?!って感じでしょ?
主治医1に対する不信感は大きくなってしまいましたよ〜
ま、でもこの暑い夏、それに多忙な時期だったから
オペ回避できたのはよかったんだと思います。
ま、マールさんも元気なことだし。

ラピルチ家のみなさま、楽しい夏をお過ごしくださいね♪
| eko | 2010/08/15 9:29 AM |
コメントする









(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
LATEST ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
RECOMMEND!!!

旅 2009年 03月号 [雑誌]
フィガロヴォヤージュ ドイツのやさしい暮らし (HC-MOOK)
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHER